加齢臭対策を行っているにも関わらず、
煙草を吸っていてはせっかくの努力が無駄になってしまいます!

タバコからの加齢臭

タバコによって加齢臭が一層キツくなる!

タバコの喫煙は加齢臭を一層悪化させてしまう大敵です。ストレス同様に喫煙もまた活性酸素を増加させてしまう上に、重要な栄養素を破壊し、それによってノネナールの増加、さらには体全体が悪臭を発するようになってしまいます。

加齢臭を気にしておられる割に喫煙をされている方もよく見かけますが、体臭防止に取り組むのならタバコへの考え方も改める必要があるでしょう。

喫煙による新陳代謝の低下で老廃物が溜め込まれてしまう

タバコ活性酸素を増加させると同時に、体の新陳代謝も低下させてしまいます。また血液にも粘りがでてきますので、血流の悪化を及ぼします。このことが老廃物の排出を妨げることとなり、皮脂の悪臭を強める結果につながるのです。

更に上記に加えて、活性酸素の発生によるノネナールの増加での悪臭まで促進し、悪い要素の相乗効果を生んでしまうことになります。食生活の改善や専用石鹸等の有効な対策を行っていても、内側からどんどん悪臭を発生させていてはその効果が薄れてしまいます。

タバコは百害あって一利なし!

加齢臭対策のひとつとして、脂肪酸や常在菌の発生を抑えるということは非常に重要な事です。その重要な役割を果たしてくれる栄養素の筆頭が、抗菌、抗酸化作用の高いビタミンCです。

タバコわずか1本で25~100mgのビタミンCが失われると言われており、通常1日に摂取するビタミンCは100mg程度ですから、喫煙者はせっかくの抗菌、抗酸化作用を打ち消してしまっているということになります。

そもそもタバコの臭いそのものが体に染み付いて、悪臭となっていることも珍しくないのですから、タバコを吸うということは加齢臭の発生、如いては健康に対して百害あって一利なしと断言できます。

禁煙を視野に入れた加齢臭対策

タバコによる悪影響は非常に多く、加齢臭や体臭を予防するためには禁煙をすることが望ましいでしょう。

ただし禁煙することで大きなストレスを感じて、悪影響を与えるようでは意味がありません。よく検討した上で、健康面も考慮して段階的に禁煙することができれば、体臭予防には高い効果が発揮できるでしょう。

禁煙が難しいなら、加齢臭対策石鹸で臭いを消す

タバコが原因の加齢臭であればタバコを止めることが一番良い解決策です。とはいえ簡単に禁煙できるなら苦労はしませんよね?

どうしても禁煙は難しい場合、外側から加齢臭対策をしてみてはいかがでしょうか?

加齢臭対策で一番おすすめなのが、加齢臭対策専用の薬用石鹸です。

タバコによって増えてしまったノネナールを除去し、臭いニオイになる前の皮脂の発生を抑えることに特化したのが、加齢臭対策用の薬用石鹸です。

通常の石鹸とは比べ物にならないほど加齢臭の臭いが消えることと、消臭の効果の持続性が高いため、喫煙者でも愛用している人がおおいんです。

当サイトでも実際に石鹸を試してみて、おすすめをまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

薬用石鹸のおすすめランキングへ