加齢臭発生の予防に効果的な、
生活習慣の中でできる対策方法を考えましょう。

不規則な生活も加齢臭にNG

生活習慣を見直して体質を改善しよう

加齢臭の原因となるのは、老化によるものだけではありません。健全な食生活に加えて、規則正しい生活をするということも非常に重要なファクターです。

不規則な生活を続けていると、体内の様々な部分に悪影響を及ぼしますので、それが引いては加齢臭体臭の原因にもなってしまうのです。十分な睡眠や適度な運動で体質を改善しましょう。

睡眠不足による加齢臭への影響とは

加齢臭などの臭いに対する大敵となるのが睡眠不足です。睡眠というものは言うまでもなく日々の疲れを癒やし、体の疲労だけではなくストレスからの解放も行ってくれる大切な行動です。

睡眠が十分でないと、ストレス疲労を溜め込むことによる新陳代謝の悪化や血流の悪化を招いてしまいます。すると皮脂の分泌調整機能にも異常を来してしまい、過剰な分泌で加齢臭を悪化させる結果へと繋がるのです。代謝が悪くなっているために、臭いもより強く悪臭を放つようになってしまいます。

適度に運動を取り入れて代謝をアップ!

睡眠に次いで加齢臭の発生に大きな影響を与えるのが運動です。運動不足が続いていると、脂肪が分解されにくく脂肪酸の発生を増やしてしまいます。脂肪酸が増えるということは、ノネナールの発生原因物質が多く作られることになりますので、加齢臭が一層キツくなるのです。

また適度な運動は、加齢と共に増えていく体内の活性酸素打ち消してくれる効果があります。活性酸素は細胞を傷つけ代謝を阻害し、脂質の酸化を増長する有害性な働きをします。酸化をおこす過剰な皮脂は、鼻を突くようなおやじ臭の原因となり、より強い加齢臭を生み出してしまいます。

健康になりながら加齢臭への対策も行う

加齢臭が起こる中高齢の多くの方は、運動不足や不規則な生活が当たり前になりがちです。

しかし、十分な睡眠と適度な運動は、新陳代謝や血流の流れを良くして臭いの原因物質を減らす効果があります。また、ストレスの解消や活性酸素の減少は健康維持の上でとても重要な要素となります。

これらの習慣を身につけることは、加齢臭体臭の防止に大いに役立つ上に、健康維持を兼ねた一石二鳥の優れた加齢臭対策といえるでしょう。