ストレスもまた加齢臭の発生に深く関わっています。
そのメカニズムを解説します。

ストレスが加齢臭に与える影響

ストレスの解消が加齢臭の解消にも繋がる!

ストレス臭いというと、全く無縁のもののように思えますが、実は非常に深い関わりがあるのです加齢臭や体臭の防止を行うためには、ストレスの解消は避けて通れません。

加齢臭の原因ということで再三名前が上がるノネナールという物質ですが、このノネナールはストレスを溜め込むことで増加してしまうのです。ストレスと加齢臭の関係を知り、その解消方法を探りましょう。

なぜストレスによってノネナールが増加するのか

ストレスを溜め込むと、なぜノネナールが増加してしまうのでしょうか。それは活性酸素が大きく関わってきます。

人間の体はストレスを感じると、そのストレスの原因を改善して生命を存続させるために、副腎皮質ホルモンを分泌して対応しようとする機能が備わっています。その際体内に放出されるホルモンは、代謝を制御する物質でもあり、ストレスへの対応と同時に活性酸素を大量に発生させてしまいます。この活性酸素は体内物質を酸化させて細胞を傷つける働きがあります。

そのようなことから結果として、体の抗酸化作用、抗菌作用を低下させ、過酸化脂質などの不純物質を増やすことで、ノネナール等の臭いの原因をも増加させてしまいます。

避けられないストレスを上手に解消することが大切

ストレスが体臭に悪影響だということが解っても、実際ストレスを受けないで生活するということは現代社会では不可能でしょう。したがってストレスを溜め込み過ぎず、いかに上手に発散させることができるかが重要になってきます。

ストレス解消に最も効果的なのは適度な運動と十分な睡眠です。運動はそれ単体でも代謝の向上効果などにより、体臭防止に有効ですので、積極的に取り入れたいところです。また、睡眠には起床時に回復しきれない体の機能を回復させたり、体の歪みを改善する効果があります。

日々の生活の中で、無意識に受けているストレスへの対応が必要な場合もあるでしょう。そのようなストレスには、原因を正確に認識して根本的な解決を図る必要があります。改善することができない原因に対しては、無理なアプローチをせず、趣味に没頭したり、視野を広げて価値観を高めたり、徹底的に逃避するなどの対応が必要となってくるでしょう。

生活習慣の見直しでストレスとうまく付き合おう

ストレスとうまく付き合うためには、規則正しい生活適度な運動で、原因物質を溜め込まず定期的に発散させ、改善すべき原因には的確な対応をとることが大切です。溜め込む前に事前に改善することを心がけていれば、活性酸素の発生も防止することができますので、体臭予防の効果も期待できます。

また食生活の改善加齢臭対策用石鹸の併用などでも、原因物質の発生を緩和させることができますので、バランスの取れた食生活も併せて行うとより効果的です。

ノネナールを除去し、原因を防ぐ加齢臭対策用石鹸

体臭の原因がストレスとわかっても、コントロールしにくいのがストレスです。周りの状況もありますので、自分一人では中々対策できないのがストレスです。

もし、なるべく早めに加齢臭の対策をしたいということであれば、加齢臭対策用石鹸を試してみるのも一つの方法です。

加齢臭対策用石鹸は通常の石鹸と違い、ノネナールを除去することに長けています。さらにノネナールのエサとなる皮脂の発生も抑えることで、持続的に消臭効果をもたらしてくれるんです♪

普通のボディソープの代わりにしようするだけなので手間はかかりませんし、1日中効果が長持ちするので忙しい人にうってつけです。

自分のニオイが気になるなあという方は一度試してみてはいかがでしょうか。

薬用石鹸のおすすめランキングへ