加齢と共に現れる加齢臭の正しい知識を学んで、
的確なケアを行いましょう。

加齢臭って何?

中高年になると現れ始める加齢臭

加齢臭とは、中高年の方が放つ独特の臭いのことです。おやじ臭と例えられることもあり、特に高齢の男性が強く臭いを放つ傾向がありますが、女性からも発生する臭いです。一般には、周囲に不快感を与えることの多い、嫌な臭いとして認識されています。

加齢臭は、臭いを発している本人が気づきにくい臭いでもあり、客観的な判断で、この臭いへの対策を検討することが必要です。正しい知識対処方法を知り、的確なケアを行いましょう。

加齢臭が周りに与える影響

加齢臭は、足の臭いや腋の臭いなどの他の悪臭とは少し違う種類の臭いで、そこまで強烈な悪臭ではありません。しかしながら、周りの人間にとって他人の体臭というものは大抵不快なものです。

臭いによっては、集中力を欠いてしまう、気分が悪くなってしまう、などといった方もおられますので、自分自身の問題だけには留まりません。年齢が高くなるにつれ自分の体臭が強くなり、周囲に迷惑をかける恐れが高まる、ということを認識しておく必要があります。

まずは、「加齢臭が発生するリスクを誰しも持っている」ということを知ることから始めましょう。

臭いを感じたら対策することが大切

自分が臭いを意識することで、加齢臭を感じ取ることができれば、対策も容易にたてることができます。加齢臭は、雑菌や病原体の繁殖、汗腺の異常による悪臭とは異なり、正しい予防策を取ればすぐに効果が表れ、改善することができます。逆に言えば、日々の対策がとても重要ということです。

自らで臭いを感じ取れない場合には、近しい人にチェックを依頼すると、 正確に判断できます。中高年の方の臭いはすべて加齢臭として判断されることもしばしばですが、大人のエチケットとしてしっかりとした対策を心掛けましょう。

加齢臭を知って正しい対策をたてよう

加齢臭誰にも起こりうる臭いですが、年齢のせいだから仕方がないとは考えずに、臭いの原因を把握して日常で簡単に行える対策をたてましょう。

現在では研究が進み、臭いの原因物質まで判明してきています。当サイトで加齢臭の仕組みを知って、臭いに悩みのない、快適な日々を過ごすヒントを見付けて下さい。