加齢臭対策をはじめる前に、
ご自身の体臭が加齢臭を生じているか確認してみましょう。

自分の体臭が加齢臭か確認しよう

自分から加齢臭が出ているのかを確かめよう

加齢臭?と思っても実は違っていたということもよくあります。気になる臭いが本当に自分から出ているのかどうか、出ている場合にはどのくらい強い臭いを発しているのか、確実にチェックして確かめることが必要です。

加齢臭以外にも部屋の臭いであったり、別の原因による体臭であったりと、生活の中には様々な臭いが存在しています。見て見ぬふりをせずに、簡単にできるいくつかのチェックを行いましょう。

臭いを嗅いでチェックする

加齢臭を確かめるための最もシンプルなチェック方法が、気になる部分の臭いを嗅いでみるという方法です。

特に発生しやすい場所が頭部額の生え際うなじの生え際耳の後ろ小鼻の脇など顔の部分に集中していますので、それらの部分を綺麗なハンカチやティッシュなどで少し強めに押し付けて、臭いをチェックしましょう。そこでチーズや古本などのような臭いを感じた場合は、加齢臭である可能性が高いということになります。

また腋や胸、背中なども加齢臭の出やすい場所ですので、洗濯前に衣類も併せてチェックすると良いでしょう。

周囲の人や生活環境でチェックする

自分の臭いというものは四六時中感じているので、麻痺してしまって自覚できないということが多いようです。したがって実際には加齢臭が漂っているにも関わらず、自らチェックしてみても気付かない恐れがあります。

その場合には、まず周囲の人に協力を頼みましょう。普段から生活を共にしている方がいれば、遠慮せずに正直に教えてくれるかもしれません。しかし、同じ家の中で長く生活をしていると、本人と同じように感覚が麻痺してしまっている可能性があります。そうなってしまっていたら、気心の知れた友人や仕事仲間など、話しやすい人を頼って聞いてみましょう

また、生活環境面から臭いの原因を探ってみるのも有効です。お酒タバコをよく嗜む、脂っこい食事肉類が好き、ストレスを常に感じている、運動をしていない、などの項目の中で複数適合するようでしたら、加齢臭を発している、あるいは予備軍である可能性が高いと言えます。

加齢臭を確かめるにはいろんな方面から

自分ではなかなか気付きにくい加齢臭、それを確かめるためには体の気になる部分の臭いを嗅いで直接チェックすることが有効ですが、他の人に聞いてみるなどの客観的なチェックも重要です。

生活環境や食事の環境、ストレスチェックなどいろいろな方面からも加齢臭の疑いを確認していくと、自分の体臭における正確な現状を把握しやすくなりますし、その後の対策もたてやすくなるでしょう。

もしも臭いが気になるなら、早めの対策がカギ!

加齢臭は自分が思っている以上に周りは臭いと感じていることが多々あります。自分では慣れてしまっているため、たとえ臭っているとわかったとしても、「まあ大丈夫だろう」と気にしないでなんの対策もしないためです。

そして、年を取るごとに勢いをます加齢臭で周りから嫌われる場合も…。少しでも自分の臭いが気になるなら早めの加齢臭対策をすることが大切です。

加齢臭対策のポイントは、臭い物質のノネナールを除去すること、そして臭い物質になる前の皮脂を取り除く2つが重要になります。

これらの2つを同時におこない、かつ持続性にも優れているのが、加齢臭対策専用に作られた薬用石鹸です。
通常の石鹸では加齢臭対策はできません。自分の臭いが気になる方は、加齢臭対策石鹸を検討して見てはいかがでしょうか。

薬用石鹸のおすすめランキングへ