加齢臭を意識し過ぎると、自臭症を発症することがあります。
加齢臭の見極め方
自臭症の回避方法をご紹介します。

加齢臭?それとも自臭症?

加齢臭と自臭症の判断を慎重に行おう

ともすれば他人にも多大な迷惑を掛けてしまう恐れのある加齢臭ですが、つい神経質になってしまい、四六時中ご自分の体臭が気になってしまう方も多いと思います。しかし、あまり臭いに過敏になり過ぎると、自分が臭いと思い込んでしまう自臭症になる恐れがあります。

エチケットとして臭いを気にするのは大切なことですが、あまりに気になる場合は本当に自分が加齢臭なのか自臭症ではないかという冷静な判断も必要です。

自臭症の症状とはどんなもの?

自臭症とは、自分が悪臭を放っているのではないかと気にするあまり、本当は臭いを発していないにも関わらず、臭いと思い込んでしまう症状のことを言います。24時間常に自分の体臭や加齢臭が気になったり、頭から離れないといった、ある意味ノイローゼのような状態が現れます。

実はこの症状は意外と深刻で、酷くなってくると人と会うことに恐怖感を覚えたり、臭いのことしか考えられず勉強も仕事も手につかなくなってしまう方もいるほどで、重度の場合は病院での治療が必要になります。

早めの加齢臭対策で自臭症も防げる

加齢臭と自臭症の違いは、実際に体臭があるのか否かという点です。自臭症の原因は体臭を気にし始めたことから始まりますので、自分は大丈夫だという自信があれば、自臭症になり難いといえます。

つまりは早めの加齢臭対策を行っていれば、「予防をしている」という安心感も手伝って自臭症の防止にもなるのです。症状が進んでしまうと、臭っていなくても臭っているように感じてしまうため、少しでも早く自分が納得できる臭いへの対策を取ることが大事です。

体臭予防を行っていれば自臭症も怖くない

自臭症を防ぐために一番効果的なのは、加齢臭の発生を抑えるということです。自分の体臭が気になりさえしなければ、当然自臭症になってしまうこともありませんので、汚れや雑菌を日頃から取り除いておくことが重要です。

こうした症状は精神的な要因が強いものですので、誰しも発症する可能性を秘めています。加齢臭への対策を先延ばしにしていると、このような結果を招くことがありますので、自身のためにも早めの対策をしておくべきでしょう。