欧米の人とアジアの人、特に日本人の臭いに対する文化は独特のものといえるでしょう。体臭の捉え方の違いから加齢臭を考えてみましょう。

加齢臭に価値があるのか?

日本人の体臭は臭くない?

世界的な視点で見た時、日本人の体臭は弱いと言われています。実際海外の方、特に欧米人などは体臭がきつめである方が多く、自覚するほどの強い加齢臭をお持ちの日本人の方でも、彼らと比べれば気にならないレベルでの体臭です。

しかし欧米の方ではあまり体臭対策に意識を配る傾向がなく、デオドラント製品も日本のようには売れていません。全体的に体臭がきつめであるため、日常から接するそのニオイに慣れてしまっているのかもしれません。

海外の人達の体臭はキツい?

アジアの外に出てみると、その地域に住む、かなりキツい体臭を放っている人々に遭遇することになるでしょう。彼等の特徴としてワキガを発生させている人が多いという点が挙げられます。日本人の10%程度がワキガであるのに対して、欧米人全体では80%、黒人の方などはほぼ100%ワキガだと言われています。

また、においに対する文化も異なり、「体臭はその人の個性を表現するもので、その人がどのような人なのかを判断する貴重な情報源である」という認識が無意識のうちに働いているのでしょう。日本人は特に潔癖症協調性を優先して個性が出ることを嫌いますから、「多少の自己主張でも鼻についてしまう風潮」が、「体臭を悪臭と扱う文化」に結びついているのかもしれません。

そもそも海外の方たちは体臭が強いせいか、人からニオイがすることが日常茶飯事なので、日本人ほど体臭や加齢臭に対して神経質にはなっていないようです。

外国人の感じる日本人の体臭

日本人の体臭が臭わないというのは、海外の方たちも認めるところです。しかしその反面、日本人を始めとしたアジア人は口臭が強いという印象を外国人に与えていることが多いのです。したがって外国人が感じる日本人の体臭とは、すなわち口臭をイメージするものとなっています。

これには理由があり、欧米人は体臭にはあまり気を配りませんが、オーラルケアには非常に神経質で常にデンタルフロス等を持ち歩いている方も少なくありません。そのため僅かな口臭でも敏感に察知してしまうのです。

欧米では古くから一般的に、キスによる挨拶や愛情の表現が行われてきたため、このような感覚の違いを生み出しているのかもしれません。

環境の違いによる臭いの感じ方

このように、日本人はもともと臭いが弱いということもあり、体臭にキツい臭いという印象を持ちやすく、対して海外の方などはそれを個性として尊重し、更に日常的に臭いに慣れているという違いがあります。

反面エチケットに対する認識には温度差があり、口臭ケアなどがいい例と言えるでしょう。ですから、加齢臭に対する対策の必要性が求められるのは、日本特有の文化といえるのかもしれません。

薬用石鹸のおすすめランキングへ