加齢臭の臭いを正確に知り
自分の体臭と比べてみましょう。

加齢臭はどんな臭い?

自分は加齢臭?

自分の体の臭いに違和感を感じると、気になるのが果たしてそれが加齢臭なのかどうか、ということです。

中高年の宿命とも言うべき加齢臭が、いざ実際に自分の身に降り掛かってくると、やはりショックで受け入れたくはないものですが、加齢臭であれば早めの対策が必要です。そして自分が加齢臭であるかどうかの判断をするためには、まず加齢臭の臭いを知っておかなければなりません

加齢臭が例えられる臭いとは?

多くの方々が口にする、加齢臭が例えられる臭いとして「古くなった雑誌や紙」「チーズ」「ろうそく」などの臭いがあります。また「押入れの臭い」などと言われることもよくあります。これらから判るように激臭と呼ぶような強い臭いではないのですが、体から発するものとしては明らかに違和感のある悪臭であることは間違いありません。

加齢臭の発生源は皮脂にありますので、脂っぽい臭いが合わせて感じられることがあります。人それぞれの個人差も大きいものですが、概ねこのような臭いを感じたら加齢臭の疑いがあると言えるでしょう。

自分の体臭を受け入れること

誰しも、「自分に加齢臭が臭い始めた」なんていうことは認めたくありません。しかし、現実はしっかり受け入れた上で臭いへの対策を行うことが大切です。

加齢臭は何も恥ずかしいことではなく、程度の違いはあれども、加齢によって全ての人に訪れるできごとです。「気のせいだろう」「まだ大丈夫だろう」などといった気休めでごまかしたりせず、自分の体臭を客観的に把握すればきちんと予防対策をすることができますので、まずは自分の臭いを正確に知っておきましょう。

加齢臭対策のためには自分の臭いを知ること

一般的に加齢臭の臭いはあまり良い心象を与えず、クサイ臭いとして認識されています。自分からこれらの臭いが感じられるようであれば、加齢臭を疑ってみましょう。

加齢臭が生じることは恥じることではなく、自然現象ですので、まずは自分の臭いというものを把握し、しっかり受け止めた上で適切な対策を取ることが一番大事なことです。