男性とは少し違うアプローチが必要な、
女性加齢臭対策についてご紹介いたします。

女性の加齢臭対策

女性なのに加齢臭がしてきた!?

誤解されている方も多いのですが、女性にも加齢臭は起こります。毎日ちゃんとシャンプーしてるし、体も念入りに洗っている、というのにも関わらず「なんだか最近体臭が気になる…」という方は加齢臭である可能性があります。

女性の加齢臭も男性同様に、40歳に差し掛かる辺りの中高年になると発生しやすくなってきますが、女性ならではの対策が必要です。

男性と女性の加齢臭はなにが違うのか?

加齢臭が発生する基本的な仕組みは、男性も女性も同じ人間ですので違いはありません。ただしそこに至るまでの原因に女性特有のものがあるのです。

女性は中高年になってくると、体が閉経に近づいてきますので徐々に女性ホルモンのバランスが崩れ始めてきます。本来女性は皮脂の分泌量が男性よりも少ないのですが、ホルモンバランスが崩れることで皮脂の分泌や発汗量が増加する傾向があります。

そのため女性でもノネナールの材料が放出されて加齢臭が発生するのです。その他にもストレスを起因とした加齢臭が多いのも、女性ならではの特徴だと言えるでしょう。

女性の加齢臭に効果的な対策とは

女性の加齢臭は特有の原因を持っていますので、それを考慮した対策が必要です。まずはホルモンバランスを整えるために有効な、植物成分を積極的に摂取することが効果的です。また、ストレス解消を心掛けることも重要です。

女性は特にメンタル面が繊細ですので、過度なストレスは体臭の大敵となります。休日を利用した趣味の時間等を多く設けるなどして、生活にハリを持たせるようにするとよいでしょう。更に、お好みのハーブや漢方などでリラックスしながら体を温めることも有効でしょう。

些細な臭いでも女性だからこそ気になってしまう

男女を比較した場合、女性の加齢臭はその臭いが弱めです。男性よりも清潔感や体臭に対して敏感で、常日頃からケアを欠かさない方が多いからです。

それだけに些細な臭いでも気になってしまうのもまた女性ならではです。しかし過度に気にしすぎてしまうのはストレス増加に繋がりますし、女性の加齢臭はケア次第で予防しやすいですので、深刻になりすぎないよう適切に対策を行うことが大切です。