加齢臭の発生を抑制するための
体によい食べ物をご紹介します。

食生活からの加齢臭予防と対策

加齢臭の対策に有効な食生活とは?

加齢臭の予防のために、食生活面から対策を考えるというのは非常に有効な手段です。どのような効果を食生活によって変えていくのかといいますと、やはりノネナールへの対策を考えた食べ物を優先して取ることになります。

ノネナールの発生抑止に効果的抗酸化作用のある食事を中心にすることで、臭いを効果的に改善することができるのです。

まずはビタミンを豊富に摂取しよう!

抗酸化作用のある栄養素といえば、その代表的なものがビタミンCビタミンEです。まずはビタミンの摂取を積極的に心がけるようにしましょう。

抗酸化作用によってどういった効果が現れるかといいますと、活性酸素の発生を防いでくれたり、余分な脂肪の酸化を防いでくれます。これによって、ノネナールの発生も減少させることができますので、加齢臭の防止に役立つという訳です。

またポリフェノールイソフラボンカテキンといった栄養素も抗酸化作用が高いことで知られています。これらを豊富に含むワインや大豆、緑茶なども意識して取り入れましょう。

和食のおかげで日本人は体臭が少ない?

海外の方と比較すると、我々日本人の体臭は少ないとされています。これには食生活が大きく関係しており、元来日本の食生活は魚介類や野菜を中心としたメニューでした。

そのため和食にはコレステロールや中性脂肪の元となる動物性脂肪が少なく、抗酸化作用のある大豆や緑茶といったものも日常的に摂取していますので、体臭が発生しにくい体質なのです。

しかし近年は日本人の食生活が変化し、欧米化しつつあります。したがって体臭への対策を考える場合には、昔からの和食メニューというものを中心にするように、見直してみると効果的です。

バランスよく栄養素を効果的に摂り入れよう

食生活によって臭い対策ができるということは、前述してきた通りですが、逆に偏った食事が栄養の偏りを招き、悪臭を発生させる原因となることもありますので注意が必要です。

ビタミンやエネルギー補給に効果的な肉や魚や炭水化物、食物繊維やビタミン、ミネラルに富んだ野菜や海草、補助的な役割を果たす酵素やポリフェノールを含む発酵食品や茸類など、幅広い食材を摂ることでより効果的な栄養の吸収を行うことができます。

肉などの脂分を控えながらも、様々な食品をバランスよく摂ることで、本来の日本食がもっている臭いの低減効果をより発揮することができるでしょう。