生活習慣改善すると加齢臭の発生も抑制されます。
抑えておきたいポイントをご紹介したいと思います。

生活習慣からの加齢臭予防と対策

生活の中には加齢臭の大敵がいっぱい!

日々の生活の中には、加齢臭の大敵となる存在が溢れています。ストレス運動不足睡眠不足などなど…
これらは生きている以上避けることのできない問題ですが、臭いの予防のためにはマイナスでしかありませんし、臭いを悪化させてしまう恐れも高いものばかりです。

しかし逆に考えるとこれらのことへの対策を考えることで、加齢臭の予防も行えるということでもあります。

日々の疲れをしっかりと癒やすことが重要

生活習慣の改善で、体臭予防を行うために心掛けるのは実は非常に単純なことです。まずは日々の疲れをしっかり癒してあげることが最重要点となります。

それを満たすために避けて通れないのが、毎日の十分な睡眠です。良質な睡眠を規則正しくとることによって、睡眠不足の解消だけではなく、ストレス疲労からの回復、さらに細胞の活性化も行われます。

このことにより活性酸素の発生が抑えられ、抗酸化作用のあるメラトニンなどの分泌が増えたり、代謝の改善によって老廃物の蓄積も回避されるなど、加齢臭対策に非常に役立つのです。

体を動かして活性酸素を減らす

加齢臭対策のためには適度な運動も欠かせません。

ウォーキングや軽いジョギングなど、気持ちよく汗をかく程度の適度な運動はストレスの解消にもなり、新陳代謝が活発になることで老廃物を排出し、皮脂の臭いを減少させる効果があります。皮脂の分泌を正常に保つためにも運動は必要不可欠です。

ただし激し過ぎる長時間の運動は、老廃物の排出だけに留まらず、過剰な代謝を増やし、却って活性酸素を増やしてしまう結果に繋がることがありますので気を付けましょう。

生活習慣全体を見つめ直すことで臭いも改善される

生活習慣の一部だけを改善しても、なかなか臭い対策への効果は現れにくいものです。

石鹸で洗い流すことはもとより、生活全体をしっかり見直して、睡眠ストレス運動食生活などの多方面から改善を試みることで、より優れた加齢臭対策を実現することができます。

環境によっては運動をすることが難しい方もいらっしゃると思いますが、通勤時に意識して歩く距離を増やしたり、階段を使用する癖をつけるなどでも効果的です。