誰でも起こりうる足の臭い
ちょっとした工夫と毎日のケアで簡単に改善することができます。

足の臭いの原因と対策

女性にも多い?足の臭いの悩み

足の臭いの悩みというものはとても深刻です。発生する臭いもまさに悪臭と呼ぶべきキツいものですし、足が臭いというのは大きなイメージダウンです。

実はこの足の臭いの悩みは女性にも非常に多いのです。女性はブーツを履くことが多く、足がムレやすくなってしまうため、対策に頭を痛めている女性の方はたくさんいらっしゃいます。

余所のお宅へ上がる時やお座敷のあるお店に入る時など、周囲の目を気にせずに済むようにしっかりとした対策を講じましょう。

足の臭いがキツくなってしまう原因はなに?

足の臭いが悪臭となってしまう原因は、加齢臭や腋臭と同じく菌によるものです。足というのは常に通気性の悪い靴の中に閉じ込められた状態ですので、どうしてもムレやすく汗をたくさんかいてしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。さらに、足の裏には汗腺が集中しており、1日にコップ1杯もの汗をかくと言われています。

その為、皮膚上の常在菌の餌となる物質が絶えることなく供給されてしまい、体の中でも特に顕著な、悪臭を放つ部分となっています。さらに乾燥や運動が続くことで、足の裏の角質が蓄積されてしまい、雑菌が増殖する温床となることもあります。

足の臭いを抑えるための対策法は?

足の臭いの原因菌による分泌物の分解である以上、基本的な対策方法はしっかり洗った上での殺菌および抗菌対策ということになります。ですからまずは、殺菌や抗菌効果のある石鹸スプレークリーム等を使用して、足の菌の繁殖を防止することが必要となります。

そして、いくら足を清潔にしていても靴下や靴そのものが雑菌だらけでは何の意味もありません。ポイントは通気性の改善を行い靴下や靴の中に雑菌を滞在させないことです。除湿、抗菌作用を持つ竹炭茶カテキンの入ったインソールを使用したり、撥水性が高い素材や5本指の靴下を使用するなどの対策が有効です。

また、2足以上の靴を一日ごとに履き替えてローテーションし、定期的に風通りのよい場所で天日干しすることで、靴に貯まった水分や雑菌を減らすとかなりの効果を発揮します。

足と靴の双方で雑菌繁殖を防いでいこう

デオドラントグッズで足の裏の清潔を保つ、ということが足の臭い対策には必要となりますが、当然足だけではなく靴も清潔にしておかなければ意味がありません。

通気性や雑菌対策を意識して、足のケアのみにとどまらず、靴や靴下を衛生的に管理する意識をもち、適切な状態を維持しましょう。